一千有余の歴史を経て、今なおいきづく伝統の祭り

お行列の順序

お行列の順序と旗

1 御先乗(おさきのり) 昔は露払いといって藩主の行先を検分する役であったが、今日では行列の歩度を調節する役。  
2 軍者(ぐんしゃ) 軍師、副軍師を補佐しながら隊を統率する任に当る。  
3 御使番 (おつかいばん) 役旗は黒字に一文字。上司の命を受け、行列の前後を走り回る伝令の役。
4 組頭(くみがしら) 上司の命を受け、組をまとめる役。
役旗は下り駒の白ぬき。
5 中頭 組頭の補佐役。
役旗は白地に下り駒。
6 供奉纏(ぐぶまとい)旗 三社をあらわす旗。赤は相馬太田神社、黄は相馬小高神社、白は相馬中村神社を示す。
7 鉄砲組 種子島銃。猩々緋の袋に入れてかつぐ。  
8 陣太鼓    
9 螺役(かいやく) 野馬追の様々な合図の法螺貝を吹く。  
10 三色旗 馬太田神社、相馬小高神社、相馬中村神社の三社合同の旗。
11 弓組 矢筒を結び合わせた飾り弓。  
12 八幡大菩薩旗 相馬氏が源頼朝の東北鎮定に従って授与された旗。  
13 鳥毛(槍) 大鳥毛と小鳥毛があり、槍を黒い鳥毛で覆った青貝螺鈿の長柄槍。
大鳥毛は十万石の格式、小鳥毛は一本一万石を表わす。
 
14 熊毛槍 藩主用化粧手槍。   
15 執行委員長・副執行委員長 相双地方の首長で野馬追を執り行う。  
16 胴白旗 黒地に中央を白抜きした旗で、陣の境目ごとに立てる。
17 五色旗 本陣用の旗で天地五行を表わす、青赤黄白黒の五色の旗。 
18 金礼旗 白地に金札を描いたもので藩の経済を示す旗。 
19 将(勝)軍地蔵旗 武装して軍陣に現れる地蔵大菩薩。  
20 爪打馬標(つめうちばひょう) 全長9尺の藩主の馬前に立てる馬印。 
21 繋ぎ駒旗 平将門が祈願のためおこもりをし、満願の朝、繋いでおいた馬がいななき、祈願がかなったと伝えられている。   
22 団扇(うちわ) 繋駒を描いた団扇は、妙見信仰にとって重要であり、藩主と領民の安全を祈願し奉納される。   
23 御馬先の兜と称し、武田信玄の兜と、上杉謙信の兜を、それぞれ兜立にかけて持つ。   
24 黒地緋の丸旗 藩主本陣用の旗。相馬中村藩の国旗といわれる。   
25 紫地白満月旗 藩主奥方の旗。   
26 長蛇旗 妙見のお使いの蛇を描いた旗。 
27 侍大将 組頭以下を統率する。九曜紋の差旗を使用する。   
28 九曜旗 相馬氏の家紋。武運長久と子孫繁栄を祈る。 
29 神饌(しんせん)箱 供物や御賽銭を入れる箱。   
30 御神馬 神がお召しになる馬。   
31 錦旗 日天、月天の長旗。   
32 郷大将 中ノ郷、小高郷、標葉(しねは)郷の各郷を統率する。水色の母衣。   
33 御神輿守護 御神輿を守護する役。   
34 御神輿 「ごしんよ」「おみこし」ともいう。   
35 斎主・宮司 三妙見神社が当番で祭場地を清め人々の生活の安定を祈願する。   
36 軍師 藩主の下で、侍大将以下の兵を動かす参謀であり、総指揮官である。
騎馬隊の中枢的役をつとめる。
 
37 勘定奉行 会計を司る役。   
38 一般騎馬    
39 旗奉行 すべての旗印を記憶して、遠くからでも何郷の誰かを言い当てる。   
40 北郷纏 相馬家一門の岡田監物の馬標の軍扇で、明治に入り野馬追の功績のあった北郷が拝領した。   
41 副大将 副大将は北郷に特定され紫色の母衣を着ける。   
42 総大将 相馬中村藩主。   
43 殿(しんがり)軍者 お行列の最後尾をつとめる軍者で、押軍者とも呼ばれる。  

 

PAGETOP
Copyright © 2017 Somanomaoi Executive Committee All Rights Reserved.