一千有余の歴史を経て、今なおいきづく伝統の祭り

武装

野馬追で着用される
甲胄の大部分は、江戸時代の当世具足
 現在野馬追で着用されている甲胄は、先祖伝来のものもあるが、ほとんどは野馬追の歴史のなかで全国から集められたものである。

 甲胄は戦闘の防具であるとともに、美術的にもすぐれた意匠をもっており、戦闘法の進歩や変遷により「大鎧(平安中期・鎌倉時代)→胴丸・腹巻(平安中期・鎌倉・室町時代)→当世具足(安土・桃山時代以降)」というように少しづつ変化してきた。

 野馬追で着用している甲胄は各種あるが、大袖の甲胄が多いといわれる。これらの文化的価値の高い名品が数多くそろうことは、野馬追が長年続けられてきたことの結果 であり、豪華絢爛な野馬追祭りの魅力のひとつでもある。

 野馬追で騎馬武者たちが身につける甲冑や武具・馬具などは戦国時代に実戦用として使われたものもあり、時代を超えて今日、それらは美しくも見えます。

 

PAGETOP
Copyright © 2017 Somanomaoi Executive Committee All Rights Reserved.