一千有余の歴史を経て、今なおいきづく伝統の祭り

相馬野馬追への寄付のお願い

  • HOME »
  • 相馬野馬追への寄付のお願い

相馬野馬追への寄付のお願い

 相馬野馬追は、相馬家の祖といわれている「平小次郎将門(たいらのこじろうまさかど)」が、軍事訓練として下総国葛飾郡小金ヶ原(現在の千葉県北西部)に野生の馬を放ち、野馬を敵兵に見立てて捕らえ、捕らえた馬を神前に奉じ妙見の祭礼として行ったのに始まったと言われる、一千有余年の歴史を誇る日本を代表する伝統文化行事であります。

 平成23年3月11日に発生した東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故により当地方も大きな被害を受け、相馬野馬追の開催も危ぶまれましたが、全国各地の方々の御支援と関係者各位の努力により、規模を縮小しながらも開催することができ、常磐自動車道が全面開通した平成27年には、震災後初めて観光客数20万人を記録しました。

 しかしながら、震災後の相馬野馬追開催にあたっては、震災で破損した施設の修復費用、資材・人件費の高騰による委託費の増加、サービスの向上のための駐車場からの無料シャトルバスの運行など新たな支出が増え、震災以前より開催費用が増加し、収支は赤字状態にあります。震災でも途切れなかった相馬野馬追の歴史を絶やさないためにも、関係者一丸となって努力して参りますので、皆様からの御寄付をお願いいたします。

 

 

寄付の方法

◎ふるさと納税制度で寄付する

相馬野馬追を主催する各市町村では、ふるさと納税制度による相馬野馬追への寄付を募集しています。

ふるさと納税につきましては、下記リンクより各市町村へ直接お申し込みください。

 

【ふるさと納税のメリット】

ふるさと納税制度では、寄附金額から自己負担額2,000円を除いた全額が、所得税・住民税から控除されます(上限あり)。また、寄付金額に応じ、返礼品が送られます。

 

【寄付金の使われ方】

ふるさと納税制度によって各市町村に寄付されたお金の1/3は相馬野馬追執行委員会に、残りの2/3は各市町村で実施する相馬野馬追関連事業の財源とさせていただきます。

 

    ・南相馬市

    

    ・相馬市

※相馬野馬追執行委員会への直接寄付も受け付けておりますので、以下の連絡先にお問合せください。

 

お問合せ先     相馬野馬追執行委員会事務局

 住 所   〒975-8686 福島県南相馬市原町区本町二丁目27

 電 話   0244-22-3064  FAX: 0244-22-3100

 e-mail    kankokoryu@city.minamisoma.lg.jp

PAGETOP
Copyright © 2017 Somanomaoi Executive Committee All Rights Reserved.